自己資産はいくらあるのか

自己資金はある程度必要

注文住宅を建てるのに自己資金を用意しておく人は少なくありませんが、どれくらいの自己資金が必要でしょうか。多くの場合、自己資金として注文住宅を建てるときに必要な資金の2割から3割必要とされています。土地・建物・諸経費・入居費用込みで4千万円程度の物件が主流とされていますが、それらトータルの金額の2割から3割程度とされているため、800万円から1200万円程度が必要です。金額を用意しておくことで、住宅ローンを利用するときに経済的な負担をできるだけ抑えることができるだけでなく、返済時に無理のない金額で返済することが可能となります。全く用意しておかないと住宅ローンに通らない可能性もあるため、用意しておいたほうがいいでしょう。

無理のない範囲で用意をすること

現在自己資金がどれくらいあるのか、家族でよく話し合ってください。自分だけで1年間にどれくらい貯めることができるのかを理解しておくことは、強みとなります。また、親族からの贈与が期待できるのかも把握しておくことは重要です。親及び親族からある程度の贈与を期待できる場合、ローンではないため自己資金として判断されます。預貯金・有価証券・不動産売却・贈与などをトータルで自己資金としているからです。そのため、多くの人は自己資金として3割程度を用意できると考えています。ただし、無理のない範囲で自己資金を用意することが重要です。寝る時間を削ってでも自己資金を用意するなど、体調に負担をかけるような自己資金の捻出方法は避けてください。

分譲住宅とは、特定のまとまった土地をいくつかに分けて、そこに建てて販売される住宅のことであり、これはマンションも該当します。